思わず欲しくなるベネフィットをスラスラと書くための6つの手順

 

思わず欲しくなるベネフィットがスラスラと簡単に書けたらいいなと思いませんか?

そしてできあがったベネフィットであなたのHPを埋め尽くせば・・・

売上にどんな変化があるでしょうか?

 

From:宮本たかお

 

このあいだ、ベネフィットって何?という話をしました。

 

そしたらブログの読者の方から

「じゃあ、ベネフィットってどうやって書けばいいの?

何か簡単な方法はないの?」

という質問があったので、今日はサクッと簡単にできる

ベネフィットの書き方について考えていきますね。

 

今日お話する方法を使えば、

ベネフィットが本当にスラスラと簡単に書けてしまいます。

そしてベネフィットの力はとても強力です。

 

読むだけで欲しくなるセールスコピーには、必ずこのベネフィットが

あらゆるところにちりばめられています。

僕なんかは文章力は実はあまりないのですが、

ベネフィットのおかげで売ってこれたんじゃないかな?と思いますね。

文章力がなくてもベネフィットが書ければ売れてしまう。

それくらいベネフィットは重要です。

 

というわけで、まずはおさらいからはじめてみましょう。

 

ベネフィットって何?

ベネフィットとは、

あなたの商品を買うことで手に入る結果」でしたよね?覚えてますか?

言い方を変えると、

「あなたの商品を買ったら、僕にどんなメリットがあるの?」ということ。

僕はどんな素晴らしい未来を手に入れることができるのーーー?ですよね?

 

ベネフィットの作り方はいろいろあるのですが、

一番簡単な方法は、これ、

商品の特徴からベネフィットに変換していく方法です。

 

たとえば、

iPad miniで考えてみましょうか。

 

まずiPad miniの特徴、

「iPad miniは画面サイズが7インチ。」

この特徴から考えていきます。

 

特徴、「iPad miniは画面サイズが7インチ」

なので、「かばんに入れることができる」

なので、「いつでもどこでもサクッと取り出すことができる」

なので、「隙間の時間を有効につかうことができる。」

なので、「仕事が早く終わる」

なので、「仕事を自宅に持ち帰らなくてもよくなる」

なので、「家族との団欒の時間が増える」

 

はい、こんな感じです。

てきとーに考えてみたのでちょっといい加減ですが(笑)

ではベネフィットを作る手順です。

 

ベネフィットを作る6つの手順

1、商品の特徴をリストアップする。

特徴はなんでもいいです。

重さ560グラム!でもいいです。

 

商品の特徴はカタログにも書かれていますし、

簡単に書けるでしょう。

思いつく限りリストアップしてみてください。

 

今回は

「画面サイズが7インチ」という特徴を使って考えていきましょう。

 

2、ターゲットを決める。

ターゲットについては本当は相当凝る必要があるのですが、

今回はとりあえず思いつく人物からやってみましょう。

単純に「40代サラリーマンのお父さん」としてみましょうか。

 

3、ターゲットの悩みと願望をリストアップ

ターゲトが決まったら今度は

ターゲットの悩みと願望をリストアップしましょう。

 

例えば、

40代サラリーマンのお父さんの悩みは・・・

仕事を自宅に持ち帰っていて

家族との団欒の時間が犠牲になっていること

 

願望は・・・

家族との団欒を大切にしたい

としてみましょう。

 

4、特徴の後に「型」をはめて書いていく

特徴である「画面サイズが7インチ」を書いたら

そのあとに

「なので○○することができる」という「型」をつけて考えてみる。

 

こうして、ターゲットにとってのメリットを考えてみてください。

このメリットがベネフィットの候補になります。

 

今回の場合は

「iPad miniは画面サイズが7インチ」という特徴に対して

「なのでかばんに入れることができる」と書いてみました。

 

そしてこの出来上がったベネフィットの候補にさらに

「なので○○することができる」をつけて考えます。

 

こうやって出来上がったベネフィットを掘り下げていくと、

ターゲットにとってのベネフィットがどんどん思いつきますよね?

そしてしっくりとくるベネフィットにたどり着くまでこれをひたすら繰り返します。

 

ただし、書いてる途中で

「ん?これはちょっとないな」とは考えない。

ただひたすら書いていくようにしてください。

 

思いついたものはとりあえずなんでも書く。

そして、その中から使えるベネフィットだけを後で採用します。

 

ではここで一旦まとめますと、

ターゲットは

「40代サラリーマンのお父さん」

 

悩みは

「仕事を自宅に持ち帰っていて家族との団欒の時間が犠牲になっていること」

 

願望は

「家族との団欒を大切にしたい」

 

商品はiPad mini

商品の特徴は、「画面サイズが7インチ」

なので、「かばんに入れることができる」

なので、「いつでもどこでもサクッと取り出すことができる」

なので、「隙間の時間を有効につかうことができる。」

なので、「仕事が早く終わる」

なので、「仕事を自宅に持ち帰らなくてもよくなる」

なので、「家族との団欒の時間が増える」

 

とまあ、即席ですが、こんな具合になるわけです。

 

5、ベネフィットを選ぶ

さあ、それではできあがったベネフィットの中から

一番良さそうなベネフィットを選んでみましょう。

 

まずこれらはすべて、iPad miniを買うことによって手に入るメリットだということは

わかりますでしょうか?

まあ、カバンに入れることができるというのはメリットとはいえないかもしれませんがね。

 

で、今回のターゲットのお父さんは家族の団欒を最も大切に思う人だったので、

一番のベネフィットとはつまり

「家族との団欒の時間が増える」ということですね。

 

そうです。

iPad miniを買えば結果的に、「家族との団欒の時間が増える」のです。

このことをセールスの段階でこのお父さんに提案し、そしてイメージしてもらえたなら、

きっと、このお父さんは、iPad miniを買わずにはいられないでしょう!!

 

あとは、ホームページやブログ、その他あらゆる媒体を使って、

今回の最高のベネフィット「家族との団欒の時間が増える」

という内容の文章を書けばいいわけです。

 

6、ベネフィットを文章に書き換える

さあ、それでは仕上げです。

一番のベネフィットをメインのキャッチコピーにして文章を書いてみましょう。

今回、僕が書いたセールス文章がこちら

 

家族の団欒の時間を大切にしたいお父さんへ

最近仕事が忙しくて自宅でも事務作業をしてしまっていませんか?

そのせいで、せっかくの家族との団欒の時間も潰れてしまうなら、

これはちょっと考えもの。

仕事はなるべく会社で済ませるようにしましょう。

とはいえ、

会社にいけば行ったで緊急のタスクがいっぱい!

結局おちついてデスクに座る時間もとれず、

事務作業は自宅でやることになってしまいますよね。

と、そこで今日は、

そんな忙しいお父さんにぴったりのアイテムをご紹介したいと思います。

 

それは、iPad miniです!

 

iPad miniなら、カバンにすっぽり入る大きさでかさばりません。

なので、いつでもどこでもサクッと取り出してすぐに仕事ができます。

これなら、ちょっとした待ち時間や通勤時間も仕事ができるので、

隙間の時間で仕事ができてしまうんです。

 

 

いかがでしょうか?

この手順をおさえて考えていくと

簡単にベネフィットが作れるはずです。

 

今回は即席だったので

ターゲットもターゲットの悩みも願望も、

そして商品の特徴も出来上がってくるベネフィットもほんの一例でしたが、

これらすべての項目を徹底的にリストアップしていけば、

想像もしなかったようなベネフィットがたくさん書けるようになるでしょう。

 

そして思いついたベネフィットをテーマにブログを書くのです。

そうすれば自動的に見込み客も集まってきますよね?

 

その商品を使って喜んでいる、

いい気分になっているお客さんの姿をイメージすることができれば成功です。

 

一度あなたの商品をこの手順にあてはめて考えてみてください。

ベネフィットを中心にセールス文章を組み立てることで、

あなたのビジネスはきっと、劇的に生まれ変わるはずですよ!

 

宮本たかお

 

投稿者プロフィール

宮本たかお
宮本たかおマーケティングディレクター
株式会社グランド・ユー
スモールビジネスのためのホームページや販促ツールを作るのが仕事。お客さまの悩みや願望といった感情をベースにした販促ツールづくりが得意。最近は子供のつきそいで始めたバドミントンで15キロのダイエットに成功!子供よりはまってるかも。。。

無料ダウンロード

「お客さんの反応が面白いように上がる」
キャッチコピー&タイトルをつくるための
コピーライティングバイブル


無料プレゼント
あなたも、お客さんの感情をベースにした販促ツールを作って、
好きなときに好きなだけのお客さんを集めてみませんか?


manualbook04

あなたは,
お客さんが読みたいと思えるキャッチコピーやタイトルとはどんなものか知っていますか?
どうやって書けばいいのか知りたいとは思いませんか?

今日は、反応がとれるキャッチコピーやタイトルをステップバイステップで、誰でも簡単につくれる、キャッチコピーテンプレート(PDFファイル全36ページ)を用意しました。

ぜひ、この機会にダウンロードして、あなたのビジネスにお役立てください。

無料ダウンロードボタン青