ブログやメルマガの長文を”サラリ”と読ませてしまう工夫

こんにちは

セールスコピーライターの宮本です。

 

スモールビジネスなあなたなら

いろんな人のブログや

メルマガを読んでいると思うのですが、

いやー、なんであの人のメルマガは

読まずにはいられないのかなー

なんて感心することってありませんか?

 

なにげに開いたメールも、

気がついたらサラリと読んでしまっている。

 

メールの最後に紹介されているリンク先の記事も

ついつい読んでしまっている。

 

そうしているうちに

気がついたらその人のこと

一度も会ったこともないのに

知ってる気分になっている。

 

ついつい読みたくなる理由

文章自体はそんなに上手なわけでもない。

でも気がついたら読んでしまっている。

 

そんな文章を書く人の共通点

それは、

文章の中に、魅力的な小見出しがあるってこと。

 

小見出しってわかりますか?

今あなたが読んでいるこの記事にも

小見出しがありますねー。

さっきの「ついつい読みたくなる理由」ってやつです。

 

スマホで手軽にネットにアクセス

出来るようになったとはいえ

だらだらと書かれた長文を

読みたいとは思わないですよね。

 

これは、

新聞を読む時に似ています。

新聞を片っ端から順番に読み進める人って

いないはず。

 

きっと、小見出しをみて、

そのニュースを読むかどうか?

判断するでしょ?

 

あれ、もしそれぞのニュースの小見出しがなかったら

絶対読まないですよね?

 

ブログやメルマガも同じ。

 

たとえばメルマガで興味ある件名が見えたら

僕なら、メールを開いてまずは

本文をザーッと上から下へ流し読み。

 

そして、

興味のそそる小見出しに引っかかって

そこをちょろっと読みます。

 

興味ある小見出しが2つ、3つあって

面白そうだったら

最初から読むかな。

 

読みたくなる記事を書く秘訣

件名で興味をひきつけたら、

あとは小見出しで

その興味をキープしていって

最後まで読んでもらう。

 

そんな流れを意識しながら

書いていくことが

読みたくなる記事を書く秘訣です。

 

小見出しを考えるポイントは、

それぞれの小見出しが

読者のベネフィットになっている

ということ。

 

これ、めっちゃ重要です。

ベネフィットじゃなきゃ

意味がないですからね。

 

ベネフィットってナンノコッチャ?

って思っているなら

まずはこちらのページ

ベネフィットについて知ってください。

 

スモールビジネスの販促するなら、

ベネフィット知らなきゃ

うまくいきませんからね。

 

小見出しについてもっというと、

記事のタイトルやメルマガの件名の候補を

いくつかピックアップしておいて、

その候補から外れた”あまり”を小見出しに応用する。

 

こうすることで、

魅力的な小見出しが比較的

簡単に書けるでしょう。

 

まずは読まれなければ

何も始まりませんからね。

 

簡単だから今日から

あなたもやってみて。

 

きっと長文の精読率や

その後のリンク先への

クリック率などが改善されていくのが

わかるはず。

 

ちょっとしたことで

ちょっとした違いがでるんですね。

 

そしてちょっとした違いは

やがて大きな違いへと

つながっていくんですねー。

 

宮本たかお

 

PS

魅力的な件名や小見出しを

書く方法はこちらがオススメです

→ https://miyamototakao.com/?page_id=759

 

投稿者プロフィール

宮本たかお
宮本たかおマーケティングディレクター
株式会社グランド・ユー
スモールビジネスのためのホームページや販促ツールを作るのが仕事。お客さまの悩みや願望といった感情をベースにした販促ツールづくりが得意。最近は子供のつきそいで始めたバドミントンで15キロのダイエットに成功!子供よりはまってるかも。。。

無料ダウンロード

「お客さんの反応が面白いように上がる」
キャッチコピー&タイトルをつくるための
コピーライティングバイブル


無料プレゼント
あなたも、お客さんの感情をベースにした販促ツールを作って、
好きなときに好きなだけのお客さんを集めてみませんか?


manualbook04

あなたは,
お客さんが読みたいと思えるキャッチコピーやタイトルとはどんなものか知っていますか?
どうやって書けばいいのか知りたいとは思いませんか?

今日は、反応がとれるキャッチコピーやタイトルをステップバイステップで、誰でも簡単につくれる、キャッチコピーテンプレート(PDFファイル全36ページ)を用意しました。

ぜひ、この機会にダウンロードして、あなたのビジネスにお役立てください。

無料ダウンロードボタン青