お客さんの「欲しい!」のスイッチを入れるベネフィットを作る方法

 

人が「欲しい!」と思う瞬間って、どんな時だと思いますか?

その瞬間を意図的につくる方法が・・・あるんです。

 

From:宮本たかお

 

さて、最近ベネフィットについていろいろと書いていますが

今日もまたまたベネフィット。

「この商品、欲しい!」というスイッチが入るのは、

ベネフィットの表現にかかっているわけですから、超重要です。

 

そして今日は、出来上がったベネフィットをさらに強烈にする

ベネフィットのパワーアップ方法をお伝えします。

 

まずおさらい。

ベネフィットはどうやって作るんだったっけ?というと、

商品の特徴をリストアップして、そのあとに「なので」をつけて考えるのでしたよね?

 

この方法でベネフィットを量産できるのですが、

注意点は、出来上がったベネフィットの主語は必ず「お客さんは」になっている

ということでしたよね?

 

ベネフィットだと思い込んでいたら、それはたんなる商品の特徴だった。

ということはよくあることです。なので

できあがったベネフィットの主語が「お客さんは」であるかどうか?でチェックしてみてくださいね。

 

そして、今日はこの「主語」を応用してさらにベネフィットを強力にしてみます。

 

どういうことかというと、つまり、

先に主語を決めてしまうという考え方です。

 

例えば、「なので」をつけてベネフィットを考えていくわけですが、

その際に、「お客さんは」と主語をつけて考える。

さらに、その主語をたんなる「お客さんは」ではなく、

実際にあなたのターゲットとしているお客さんの名前をいれて考えてみる、ということです。

 

こうすれば、会社員のA君と主婦のBさんとでは、

きっと生まれてくるベネフィットのイメージが違ってくるはずです。

そしてより、具体的なベネフィットが生まれてきます。

 

例えば前回同様、「iPad mini」で考えてみると、

会社員のA君の場合→「画面サイズが7インチ」

なので、かばんに入る大きさ

なので、いつでもサクッと取り出せる

なので、商談中でもすぐに資料を提示できる

なので、頼れる、イケてるビジネスマンと評価される

なので、女の子にもモテる

 

主婦のBさんの場合→「画面サイズが7インチ」

なので、かばんに入る大きさ

なので、いつでもサクッと取り出せる

なので、お友達とカフェでおしゃべり中もすぐに使える

なので、おすすめの服屋さんとか情報交換も簡単にできちゃう

なので、カフェタイムがさらに充実

なので、お友達とももっと仲良くなれる

 

といった感じで、どうでしょう?

今、テキトーに考えたのでベネフィット自体はしょぼいですが(笑)、

感じはつかめたと思います。

 

ようは、たんなるお客さんのことを考えるのではなく、

具体的な一人の生きた人間を主語にすることで

よりリアルにベネフィットをイメージすることが出来ると思います。

 

もちろん、A君にも、Bさんにも、悩みや願望はたくさんあるはずなので、

その悩みや願望にフォーカスしてもういちど考えてみると、

もっといろんなバリエーションのベネフィットが思いつくはずです。

 

そして出来上がったベネフィットを・・・

あなたの販促物に書きまくれ!!!キターッ!

こ、これは強烈!!

 

僕、今、ものすごい重要なお話してますよっ!

売るための文章という意味では、このブログ始まって以来、最も大事なことかもしれない(笑)。

 

まあ論より証拠、ということで、

今すぐ、あなたの商品、サービス、そして具体的なお客さんをイメージして

ベネフィットを考えてみてください。

どんどん書き出して見てください。

 

僕は予言します。

今日、テンションが上がって眠れなくなるのは、お客さんではなく、

きっとあなたでしょうね。

 

そして最後に超重要なこと。

いいベネフィットができたら、僕にも教えてね。

 

投稿者プロフィール

宮本たかお
宮本たかおマーケティングディレクター
株式会社グランド・ユー
スモールビジネスのためのホームページや販促ツールを作るのが仕事。お客さまの悩みや願望といった感情をベースにした販促ツールづくりが得意。最近は子供のつきそいで始めたバドミントンで15キロのダイエットに成功!子供よりはまってるかも。。。

無料ダウンロード

「お客さんの反応が面白いように上がる」
キャッチコピー&タイトルをつくるための
コピーライティングバイブル


無料プレゼント
あなたも、お客さんの感情をベースにした販促ツールを作って、
好きなときに好きなだけのお客さんを集めてみませんか?


manualbook04

あなたは,
お客さんが読みたいと思えるキャッチコピーやタイトルとはどんなものか知っていますか?
どうやって書けばいいのか知りたいとは思いませんか?

今日は、反応がとれるキャッチコピーやタイトルをステップバイステップで、誰でも簡単につくれる、キャッチコピーテンプレート(PDFファイル全36ページ)を用意しました。

ぜひ、この機会にダウンロードして、あなたのビジネスにお役立てください。

無料ダウンロードボタン青