読まれる記事と読まれない記事の決定的な違い

 

事実、書いた記事が読まれるか?読まれないか?は他のどんなことよりも、ヘッドライン

このたった1行にかかっているといってもいいでしょう。

いろんな対策をするまえにまず、この1行を書き換えてみてください。

 

From:宮本たかお

 

「んー、実にもったいない!」

 

いろんな人のホームページや販促物を見てきて、いつも、いつも、思うことがあるんです。

文章はとってもいいし、そしてわかりやすい。

内容もとてもおもしろい。でもたったひとつだけ、たったひとつだけ残念なことがあります。それは・・・

 

「タイトルがイケてない!」

 

タイトル、つまりヘッドラインがイケてないと、

本文にどんなに良いことが書いてあったとしても誰も読まない。これ、当たりまえですよね?

ってことは、その記事や広告自体がこの世に存在していないのと同じことなんです。

 

特にネット上の文章については声を大にして言いたいですね。

すごくいいこと書いているけど、

ようは、タイトルが面白くない。だからクリックしない。読まれない。

 

思い出してみてください。

あなたは新聞を隅から隅まで読みますか?どうやって読みますか?

ザーッと全体をみて、気になるヘッドラインを読んでいきますよね?

もし新聞にヘッドラインがなかったら、そもそもあんな長文を読もうと思いますか?

 

ネットサーフィンでも知らず知らずのうちにそうやって見ていってるんです。

ぱっと目に入ったタイトルを読んでクリックするかどうか?を決めている。

その間、0,5秒。

 

もちろんメルマガでも件名を見てから開封するかどうか決めますよね?

自宅のポストに届いているチラシはどうでしょうか?

やっぱりヘッドラインを読んで、捨てるか?後でじっくり見るか?決めますよね?

そうです、世の中のほとんどの文章は誰にも読まれていない。

 

ヘッドラインは広告の広告

 

つまり、ぱっとみて、読まずにはいられないヘッドラインを作れるかどうか?が

すべてといっても過言ではないのです。

 

あなたの書いたヘッドラインを読んでみて「ん?なんだこれ?」って

思わないとしたら、それはせっかく一生懸命に書いたその文章は

すべて宇宙のチリとなって消え行く運命。ハイ、これ、間違いありません。

 

ってことはですよ?

あなたがせっせと書いた今までの文章が実はこの世に存在していなかったとして、

じゃあ今までの売上はなに?ということになりますよね?

それはたまたま出来のいいヘッドラインがいくつかあって、それらをクリックしてくれたから。

つまりは、その他のタイトルもすべて良いヘッドラインに書き換えると・・・

 

簡単に売上げアップができるのでは?となりますよね?

そうです。そのとおり!

 

もしあなたが、今までヘッドラインをテキトーに思いのまま作ってきたのならスーパーチャンス。

ヘッドラインを変えるだけで大幅な売上げアップができるかもしれません。

 

実際僕も、今まで何度も、ヘッドラインを変えることで売上を大幅に改善してきました。

本文は一切さわることなく、ヘッドラインを換えるだけで・・・

売上は2倍3倍はもちろん、10倍ちかく変わることもありました。

 

数字だけ見れば「えーっ!そんなに?」って思うかもしれませんが、

まったく読まれていなかったものが読まれるようになったと考えれば納得ですよね。

 

じゃあ、逆に、今あなたが持っているホームページ、ブログ、メルマガ、

すべての媒体のヘッドラインを、

お客さんが無視することができないほど魅力的なヘッドラインに書き変えたとしたら?

 

どうですか?僕が「んー、実にもったいない!」って思う気持ちがわかっていただけたでしょうか?

灯台下暗しとはまさにこのことなんですね〜。

 

SEO対策して訪問者そのものを増やすのも大事ですが、

一番大事なヘッドラインを書き換えるということで成約率そのものを改善してみるのは

いかがでしょうか?

 

とくに今までなんの対策もしてこなかったらなら、

とってもお得な施策となること間違いなしですよ。

 

投稿者プロフィール

宮本たかお
宮本たかおマーケティングディレクター
株式会社グランド・ユー
スモールビジネスのためのホームページや販促ツールを作るのが仕事。お客さまの悩みや願望といった感情をベースにした販促ツールづくりが得意。最近は子供のつきそいで始めたバドミントンで15キロのダイエットに成功!子供よりはまってるかも。。。

無料ダウンロード

「お客さんの反応が面白いように上がる」
キャッチコピー&タイトルをつくるための
コピーライティングバイブル


無料プレゼント
あなたも、お客さんの感情をベースにした販促ツールを作って、
好きなときに好きなだけのお客さんを集めてみませんか?


manualbook04

あなたは,
お客さんが読みたいと思えるキャッチコピーやタイトルとはどんなものか知っていますか?
どうやって書けばいいのか知りたいとは思いませんか?

今日は、反応がとれるキャッチコピーやタイトルをステップバイステップで、誰でも簡単につくれる、キャッチコピーテンプレート(PDFファイル全36ページ)を用意しました。

ぜひ、この機会にダウンロードして、あなたのビジネスにお役立てください。

無料ダウンロードボタン青