お客さんがあなたの商品を買う「本当の理由」。

あなたの商品を買ってくれたお客さん、心理トリガー心理トリガー

なんで買ってくれたのか?

その理由がわかりますか??

 

From:宮本たかお

 

安かったから?

使いやすそうだから?

便利な機能があったから?

みんなが買ってるから?

なんとなく選んだ?

 

商品を買う理由は人それぞれ違うわけですが、

実は表面的には見えない、隠れた理由があるといったら驚きますか?

その隠れた理由とはいったい何かというと・・・

 

それはセルフイメージ。

 

実は人が商品を買う時、本人も気がついてないけど、

セルフイメージを強化するために買っているということがよくあります。

 

セルフイメージっていうのは、

自分のことを自分自身がどう思っているか?ということ。

 

たとえば

「僕はダンディーで紳士的な男だ。」とか

「僕はみんなを和ませるようなやさしい男だ。」とか、

そんな、頭のなかだけで決めている自分像ということです。

 

だからきっと、「僕はダンディーで紳士的な男になりたい。」と思っている彼が選ぶ時計は、

ダンディーなイメージがより際立つ時計です。

まちがってもアニメキャラのかわいい時計は買わないですよね。

 

で、2番目の「僕はみんなを和ませるようなやさしい男だ。」と思っている彼が買うTシャツは、

黒色や紺色というよりは、

きっと黄色や緑、オレンジなど、どちらかというと明るい色じゃないでしょうか?

黒色でドクロのマークがはいったTシャツを着ると、きっと

「らしくない」ということになるでしょうね。

 

ちなみに僕がMacBookAirを選んだ理由は、

「開けたら速攻で使えて、閉めたら2秒後には席をたてるから!」

つまり、僕はやるときはやる!遊ぶときは遊ぶ!という「やるときゃやるぜ男」が好きだからです。

 

持ち歩くだけで自分が「やるときゃやるぜ男」になったようでとても嬉しい。うわっ恥ずかしっ。

自分のセルフイメージが強化されたわけです。

 

なのであなたのターゲットとしているお客さんがどんなセルフイメージを持っているか?

を考えてセールスメッセージを絞り込むと、ドンピシャ俺のため!!

待ってましたこんな商品!!ということになります。

 

そして、セルフイメージを意識してセールスメッセージをつくると

もっといいことがあります。

 

それは、何かというと、

人はセルフイメージを強化できる商品に出会うと、

ちょっとぐらい性能が低くても買ってしまいます。

そしてちょっとぐらい値段が高くてもね。

だって、それを買いたい理由が性能や価格じゃないんですからね。

 

僕もパソコンを買う時、

もうウィンドウズとかは眼中になかったです。

たとえウィンドウズのほうがマシンスペックが上だったとしてもです。

 

そうやって考えてみると、

競合他社の商品とくらべてうんぬんかんぬんのセールスメッセージより、

お客さんのセルフイメージを強化するメッセージのほうが

売りやすいことがわかります。

 

だからお客さんが値段や使いやすさだけで商品やサービスを選んでいると思ったら

それは大間違いなんですね。

 

さて、あなたのターゲットとしているお客さんのセルフイメージは何でしょうか?

どんなことを言えば、そのセルフイメージを強化できるでしょうか?

じっくり考えてみてください。

新しい突破口が、きっと見つかるはず。

投稿者プロフィール

宮本たかお
宮本たかおマーケティングディレクター
株式会社グランド・ユー
スモールビジネスのためのホームページや販促ツールを作るのが仕事。お客さまの悩みや願望といった感情をベースにした販促ツールづくりが得意。最近は子供のつきそいで始めたバドミントンで15キロのダイエットに成功!子供よりはまってるかも。。。

無料ダウンロード

「お客さんの反応が面白いように上がる」
キャッチコピー&タイトルをつくるための
コピーライティングバイブル


無料プレゼント
あなたも、お客さんの感情をベースにした販促ツールを作って、
好きなときに好きなだけのお客さんを集めてみませんか?


manualbook04

あなたは,
お客さんが読みたいと思えるキャッチコピーやタイトルとはどんなものか知っていますか?
どうやって書けばいいのか知りたいとは思いませんか?

今日は、反応がとれるキャッチコピーやタイトルをステップバイステップで、誰でも簡単につくれる、キャッチコピーテンプレート(PDFファイル全36ページ)を用意しました。

ぜひ、この機会にダウンロードして、あなたのビジネスにお役立てください。

無料ダウンロードボタン青